【カンフー・ダイエット】半年間で体脂肪が21.5kg減りました

シェアする

【カンフー・ダイエット】半年間で体脂肪が21.5kg減りました

18f4a24afc0e32ac5f4e4cbdb1a03b78

ダイエットエピソード

・ぼくがダイエットをしようと思った理由
・半年間で体脂肪が21.5kg減りました
・はじめは思うように痩せずに困りました
・筋肉を維持したら脂肪が激減しました

※当記事は、ライターの主観に基づき書かれたものです。必ず誰にでも当てはまるわけではございません。予めご了承下さい。

※2011年に投稿された記事の抜粋です

スポンサーリンク
広告336

ぼくがダイエットをしようと思った理由

こんにちは、インストラクターのKEIMEIです。

皆さんが興味のあるダイエットについて、

カンフーフィットネスのインストラクターとしてではなく、

スポーツトレーナーとしての立場から、実体験にもとづいて、

運動生理学的・スポーツ栄養学的な観点から、

お話していきたいと思います。

でも、そんなに難しい話しはしません(できないので 笑)、どうぞご安心を!

あまり定義めいたお話しはしたくないんですが
(難しい話はしないと、さっき言ったクセに)、

「ダイエット」の言葉の意味ってご存知ですか?

「やせること!」、「減量!」と思っている方がほとんどだと思います。

正しくは「肥満の予防や解消、防止などのための食事方法」を意味しています。

でも一般的には、「やせること!」と日本では言われているので、ここでは、
その「日本的ダイエット」の意味合いで、お話しをすすめていきますね。

まずは、僕の話から・・・

食べる事が好きなので、名古屋駅地下街や周辺をブラブラして、
美味しそうなものを見つけては、何も考えずにパクパク食べてました(あぁ~)。

2008年の2月22日に免許証の更新に行って、
手渡された新しいゴールド免許証の自分の写真を見て「ギョッ」としました。

menkyo

「わっ、く、首がない!」

こりゃぁ~、いくらなんでも、

カンフーフィットネスインストラクターと称する立場の人間が、

ここまで太ってちゃぁダメだなぁと思って、

2008年4月1日からの減量を開始することを決意しました。

半年間で体脂肪が21.5kg減りました

僕の身長は、164cmです。

2008年4月1日時点で体重は84kg、体脂肪率は34%でした(ヤバイ)。
ということは脂肪は28.5kgに、その他の骨格・筋肉で55.5kgになります。
当時のジーンズは、34インチをはいていました。

2008年11月30日には、体重が64kgになり、体脂肪率11%になりました。
ということは脂肪は7kgに、その他の骨格・筋肉で57kgになります。

脂肪が減って、筋肉などが増えています。
ジーンズは、27インチがはけるようになってました。

081127

半年間で、体脂肪が21.5kg減りました。

脂肪1gを、9キロカロリーと仮定して計算すると、

193,500キロカロリー相当の脂肪が減ったわけです。

一日の平均的な女性の摂取カロリーが、1800キロカロリーといわれています。

計算すると、約108日分相当のカロリーになります。

2011年4月は、食べ歩きがたたり(汗)、3kgほど脂肪が増えちゃいましたが、なんとか28インチのジーンズがはけています。

一見、脂肪が減ったことに目がいくと思いますが、ポイントは筋肉量が増えていることです。

通常、食事制限だけのダイエットや有酸素運動(ジョギング、ウォーキング)で

減量を進めると、

脂肪を効率よく燃焼してくれる筋肉まで減ってしまい、

運動や食事制限をやめた瞬間からリバウンドが始まります。

筋肉量の増加は、つまり「リバウンドしにくいカラダ」になることを意味しています。

でも・・・、女性はホルモンの関係で、モリモリの筋肉はつきません。

っていうか、ついたら困りますよね(笑)

images

はじめは思うように痩せずに困りました

2008年4月1日から始めた減量の方法は、まずは食事制限です。
あとは、週に3~4回くらい、30分ジョギングをすることでスタートしました。

食事制限は、お腹がパンパンになるまで食べていたのをやめて、だいたい腹八分になるまでの量に減らして、
炭水化物(ごはんやパン)を少し控えめにしました。
もともと間食をする習慣や、甘いジュースを飲んだりする習慣は、ありませんでした。

はじめた当初は、面白いように、スルスルと体重が減って、6月の終わりには体重が、「10kg」減っていました。

でも良かったのは、そこまでです。

その後の7月、8月は、まったく体重が変化せずに、「あれ~? おかしぃなぁ~」と思って、
もう少し頑張ったほうがいいかな?と考えるようになりました。

そのため、ジョギングの走る量を、90分くらいまで増やしたり、

食事制限を一層、厳しくしたりしましたが、
いっこうに体重が減ってくれる気配はありません。

「やばい、どうしよう?」

ものすごく、焦りました。
とりあえず、体重が減らない原因究明です。運動量も増やした、食事量も減らした、ある程度体重も落ちた・・・

あれ?待てよ。体脂肪率は、どうなっているのかな?

これが原因でした。

体脂肪率を測定したところ、減った体重10kgのうち、

脂肪が6kg、筋肉が4kgも落ちてしまっていました

筋肉は何もしていない時でも脂肪を効率よく燃焼してくれる大事なエンジンなのです。

筋肉が減れば、脂肪が落ちないのも当然です。

そこで今までと考え方を一変させました。

思い切ってジョギング等の有酸素運動はやめて、筋肉をつける運動に変えよう。

以前、よくやっていたウェイトトレーニング(バーベル、ダンベル等)でもしようかと思ったのですが、疲労がかなり残るので、

「どうしようかなぁ、なんか短時間で効率的に出来るものないかなぁ?」と、探していたら、
アメリカで流行っている、ある運動方法を見つけました。

やってみたら、面白くて短時間で凄く効果がありました。

ある時ふと「この運動法を、カンフーでやったら面白いかも?」と思って、試したところ、

めちゃめちゃ、オモシロイ~~~!

9月からは面白いように脂肪が減りだして、脂肪が15kg減、筋肉が5kgアップしました(女性は、こんなに筋肉は増えません)。

ということが、2008年も終わりに近づいた時期に起こったことです。

具体的な方法や、考え方などを、ダイエットカンフークラスで、ご紹介したいと思います。

講座の内容

・ダイットの大原則
・消費カロリーを簡単に増やす方法
・簡単に消費カロリーを計算してダイエット効果を倍増させる方法
・基礎代謝アップで脂肪をドンドン燃やす
・脂肪を燃焼させる基礎代謝を劇的に増やす方法
・下半身を鍛えて代謝をアップし痩せる方法
・気になるウェストや二の腕を引き締める方法
・積極的な休養でダイエット効果を高める
・ダイエットに役立つ食事内容の分析
・たくさん食べても「質」にこだわれば大丈夫
・炭水化物を知ることで痩せやすく
・無理な食事制限がリバウンドにつながります
・短期間のダイエットは失敗するので長期的に計画的に
・ダイエットに役立つ脂肪の測り方
・体重が減っても脂肪が減ったわけではない
・体脂肪を3キロ落とす方法
・体脂肪を21キロ減らした僕の食事方法
・ちょっとしたことでダイエット効果が高まります
・体脂肪を劇的に落とすトレーニング方法
・体脂肪を劇的に落とすトレーニングを行なうためのポイント

ほか。

※2019年5月現在、不定期開催です。

講座の内容は2019年5月末まで無料で公開しています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

フォローする