ここがヘンだよ! 日本の太極拳

シェアする

太極拳・気功をする女性

スポンサーリンク
広告336

太極拳のルーツとその発展

中国、元の時代に(1271-1368)、張三豊という仙人が、少林寺で武術を学んだあと、武当山(道教の聖地)に入ってさらに修行して、道教の陰陽五行説(古い中国の哲学・思想)や、吐納導引法といわれる、呼吸法を取り入れて作りだされたといわれています。
ただし、張三豊は、中国の他の伝説にも、たびたび登場する不老長寿の仙人で、この説については、ほぼ伝説であろうといわれてるのが現状です。

ほんとうの発端については諸説ありますが、中国、明の時代に、河南省、温県、常陽村、現在は陳家溝に、移り住んだ陳氏一族に、代々として伝えられていたカンフーに、 陳氏の9代目の陳王廷が、いろいろなカンフーのよいところを組み合わせて、明代末期から清代初期にかけて創ったとする中国武術研究家、唐豪の説が一般的です。

陳氏一家の武術は、一族とその村を守るために、門外不出のカンフーとして発展してきました。清代の末期に、陳氏の14代目、陳長興に弟子入りした楊露禅というひとが、 この武術を北京に普及させました。

太極拳の、武術的な理論ベースとして、王宗岳の「太極拳論」が注目されたため、そこから名前を取って「太極拳」という、名称が広く用いられるようになったと言われています。

今では、その源流であるといわれている陳式太極拳のほか、陳式太極拳から分かれた、楊式太極拳を目にする機会が多いと思います。

そのほかに、太極拳には、さまざまな流派があって、正式にはカウントできない状況ですが、五つの大きな流派が、有名で多くの方が練習されています。

太極拳の現状

一方で、太極拳の健康に対する効果は古くから知られていましたが、上達するのには、なかなか難しく万人向けと言えるものではありませんでした。

そのため、中国政府の「国家体育運動委員会」という機関で、第二次世界大戦後、伝統的な太極拳の健康増進効果はそのままに、誰にでも気軽に取り組めるスポーツ、フィットネスとしての新しい 太極拳を作ることになりました。

その当時の有名な太極拳の先生達にお願いをして、楊式太極拳をベースに動作数を少なくした 簡単な型をつくり1956年に制定しました。これが、いわゆる「制定拳」、「簡化太極拳」とよばれるもののスタートでした。

つくられた当初は、健康的な生活の一助として、また、中国の伝統的な文化として、太極拳が普及されていきました。
中国国内だけではなく、世界にも普及した現在では、グループでの発表会や、スポーツ的な競技会もおこなわれていて、スポーツ競技としての一面もみられるようになってきました。

それにともなって、武術的な側面から、あらたに再編しようとする動きもあります。
より健康に配慮をした、総合太極拳などといった、さまざまな新たな型が作られているのが現状です。

日本における太極拳の発展

日本のなかにおいては、1972年からはじまった、日中国交正常化以後、頻繁に中国から先生が来日して各種のセミナーが日本全国で行われるようになり すこしずつ普及していきました。
また、中国の政府も、普及活動に援助したため、中国に太極拳を学びにいって、 習得して帰る日本人の愛好者も徐々にふえて、主に健康法としての側面から全国へと広まっていきました。

ゆっくりとした動きは、筋肉や関節などに過度の負担をかけることがないため、また場所なども特に選ばずに行えることから、健康に対する意識が高い中高年を中心に人気となって、 全国のカルチャーセンターやスポーツクラブにも、太極拳のクラスが開設されるまでになりました(どうして太極拳がゆっくり動くのかというと太極拳が本来とても難しくて最初からは早く動くことができないため、ともいわれていますが全く異なる説をとなえる方もいます)。

これらのような施設で、多く広まって行われ普及している太極拳は、まったくの初心者でも学びやすいといわれている「簡化太極拳(二十四の動作からなる太極拳)が採用されています。ベースとなっているのは楊式太極拳という門派(流派)です。

さらに、太極拳への興味が深くなり、もっと違う套路(型)をやってみたい方たちは、48式(動作数)太極拳や総合太極拳、32式太極剣に取り組まれるケースが多いようです。
ごくまれに伝統的な陳式太極拳、楊式太極拳、武式太極拳、呉式太極拳、孫式太極拳の五大流派や、九十九式太極拳など各派から独自の発展をとげていった太極拳を学んでいる方もいらっしゃいます。

日本の太極拳まとめ

海外では、おおむねカンフーと太極拳の参加人口比率が半々、もしくはカンフーの方が若干多いのでないか?と言われています。海外での太極拳のイメージは、メディテーションやヨガなどと同様に、スピリチャルなジャンルのエクササイズの一つと捉えられているようです。
日本の参加人口比率は、太極拳が9割以上を占めているのはないでしょうか。その理由として太極拳教室などは中高年の方の、一種の「社交場」として捉えられ、様々な人と交流を楽しむ場として参加している方が多いように感じられます。
参加動機が世界と日本では、全く異なるようです。
どのような目的であれ、太極拳を通じて心身の健康を高めていただければ幸いです。

カンフーフィットネス補足

  • 当サイトでは、「カンフー」と「武術」「太極拳」などを同じ意味で使用しています。
  • カンフーフィットネス「スタジオ・タフ」では、現在、このカンフーのクラスはありません。
  • このカンフーの指導ができる者はいますので、ご相談ください。
  • カンフーに関する疑問点などがあればお問い合わせください。
スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。