Ⅶ 体力評価とカウンセリング:はじめに

シェアする

エルゴメーター


» パーソナル・トレーニングの基礎知識TOPページへ

Ⅶ 体力評価とカウンセリング:はじめに

スポンサーリンク
広告336

1 はじめに

体力評価テストは運動を安全かつ効果的に行うために実施される。また体力評価の最終目的は健康増進、体力向上または運動能力を最大限に発揮するためのデータを得ることにある。この章では関連する6つの事項について述べる。

  1. 初回のカウンセリング
  2. 運動プログラム開始前のスクリーニング(健康状態の審査)
  3. 体力テストの目的
  4. 測定方法
  5. 体力テストの測定項目
  6. 体力評価

ここに書かれていることは、あくまでもガイドラインであって普遍的なものではない。どのように実行されるかは時と場合によって異なる。それは次の4つの要因である。

  1. トレーナーの持つ資格。例えば、医療関係の資格を持つ者とそうでない者とではサポートもしくは指示する内容は異なる。
  2. 環境条件。運動プログラムを実施するに当たって、組織や施設側の方針や事務的な手続きが大いに関係する。例えば病院で行う場合と個人的契約に基づいて行うのとでは、仕事上の条件や制約は変わってくる。
  3. 運動実施者の特徴。病後の体力回復を目指す人と、健康の維持または増進を目指す人と、スポーツ選手とでは運動の目的・目標が同じではない。
  4. 法的措置のもとにプログラムを実行しなければならない。


» パーソナル・トレーニングの基礎知識TOPページへ

カンフーフィットネス補足

  • 当スタジオでは、個別に運動処方やプログラムの作成はいたしませんがお気軽にご相談にください。
  • カンフーフィットネス「スタジオ・タフ」では、運動生理学をはじめ健康医科学に基いて指導しています。
  • 当スタジオは、カンフーを「フィットネス」としてお伝えしております。
  • NSCA-CPT、健康運動実践指導者の合格者がカンフー指導にあたっています。
  • カンフーに限らず疑問点などがあればお問い合わせください。
スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。