「発勁とは何か」神秘的なパワーや気で相手を吹き飛ばすことはありません

シェアする

気功と太極拳

スポンサーリンク
広告336

カンフーの奥義なのか?

おそらくカンフーに興味を持つ人ならば、30年以上前に初めて「発勁」という言葉が日本に紹介され、それ以来、カンフーを語る上で欠かせないものとなっている「発勁」という言葉を知らない人はいないのではないでしょうか。

「発勁」とは、「勁を発する」という意味だが、そもそも「勁」とは何なのか。

よく「チカラは生まれつき備わった筋肉による稚拙なチカラで、技巧的でなく遅い。勁は訓練によって培われた技巧的なチカラで、筋力の大小に関わらず大きな威力を発揮することが可能で、非常に早い」

などと説明されるが、イマイチこれだけではピンとこないのではあるまいか。

また、「発勁」というカンフー用語が、妙に魅力的なため一人歩きをしてしまい、軽く打っただけで相手を何メートルも吹っ飛ばすとか、体表を傷つけずに内臓を破壊するとか誇大な表現が横行して、ますます分かりづらくなっているようである。

発勁の正体とは?

結論から言えば、「発勁」とは要するに「チカラを出す」という程度の意味なのである。

一口にカンフーといってもスタイルは千差万別であるため、当然それぞれの流派によってチカラの運用方法は異なってくる。

それぞれの流派のスタイルに沿ったチカラの出し方を、「(何々)拳の発勁」という言い方で表現するのである。
決して、「発勁」という独立したテクニックではない。

次に、威力の問題だが、カンフーにおける威力というのは、打つ側と打たれる側による相対的なものである。

人は思いっきりぶん殴られても倒れないこともあれば、軽くかすった程度でも倒れてしまうこともある。
つまり、「何キログラムの衝撃力で打つか」ということよりも、「相手がどのような状態のときに、どこを打つか」の方が大切なのである。

だからこそ、人が人を倒すための「招法」という方法論があり、これを形に表した「招式」が存在する。
つまり、「強大な発勁」とは単なる打撃力の強さだけではなく、総合的な戦闘能力のことをさして言うのである。

発勁とは何か まとめ

  • チカラを姿勢を崩すこと無く効率よく発揮することです
  • 神秘的パワーを出せるなら早くボクシングのチャンピオンに挑戦すればいいと思います
  • 発勁の、仮設-実証-事実検証サイクルを誰か見せて下さい
  • 気のチカラは気のせいです

この議論は、ほぼ出し尽くした感があります。
それよりも、この技は何故このような形を取り、どのような意味があるのかを検証していった方が断然面白いです。
たま~に、発勁(神秘的な)を身につけたい、というご相談のお電話を頂戴します。
結構、困ります。

カンフーフィットネス補足

  • 当サイトでは、「カンフー」と「武術」「太極拳」などを同じ意味で使用しています。
  • カンフーフィットネス「スタジオ・タフ」では、運動生理学をはじめ健康医科学に基いて指導しています。
  • 当スタジオは、カンフーを「フィットネス」としてお伝えしております。
  • NSCA-CPT、健康運動実践指導者の合格者がカンフー指導にあたっています。
  • カンフーに限らず疑問点などがあればお問い合わせください。
スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。