五形手の応用 白鶴拳

シェアする

太極拳(リー)する女性


» 白鶴門食鶴拳のTOPページへ

南派少林拳 秘拳 食鶴門白鶴拳:第3章 食鶴拳実技編 2.五形手の応用

スポンサーリンク
広告336

2.五形手の応用

1.金形手

*白を甲、黒を乙とする

1 甲は自然に立つ。乙は攻撃の兆しを見せる。
2 乙は火形手にて攻撃してくる。甲はその瞬間、右足を出しつつ両手を上に上げる

金形手1-2

3 甲は両手を下ろして、乙の手の上から受ける。右不丁不八歩となる。
4 両手を前に引き寄せ、乙の力を分散させる

金形手3-4

5 中は右背掌で乙の顔面を打つ。

金形手5

2.木形手

1 甲は自然に立ち、乙は攻撃の徴を見せる。

木形手1

2 乙は手拳で攻撃する。甲は右単技水形手で受ける
3 甲はすばやく左指先にて乙の水月を突く。

木形手2-3

3.水形手

1 甲乙互いに自然に立つ。
2 乙は攻撃の徴しをみせ、甲は両手を胸前で交差させる。

水形手1-2

3 乙が火形手で攻撃をしてきたら、両手を下から上にはね上げる。
4 乙が左手で上方にはね上げる。

水形手3-4-1

4.火形手

1 甲は自然に立ち、乙は攻撃の徴をみせる。
2 乙が火形手で攻撃しようとしてきたら、甲は受けの用意に入る。

火形手1-2

3 乙が火形手で攻撃してきたら、甲は左手掌で乙の右手を受ける。
4 甲は左手掌を乙の手から放さず、右手を左側にもってくる。

火形手3-4

5 項は左手掌を放さず、右手を左手の前からもってきて、左右交差して受ける。
6 甲は左手を胸に引く。右手は放さない。

火形手5-6

7 6の全身写真。
8 甲はそのまま一歩進んで、両手で乙をはね飛ばす。

火形手5-6

5.土形手

1 甲は自然に立ち、乙は攻撃の徴をみせる。
2 乙は火形手で攻撃する。甲は乙の手の上にもってくる。

土形手1-2

3 甲は両手を乙の手の上から受ける。
4 両手を乙の手から離さず、左右にかき分ける。

土形手3-4

5 甲は右拳にて乙の水月を攻撃する。
6 3の拡大図。

土形手5-6

7 4の拡大図。左手を押し、右手を引くように分ける。
8 5の拡大図。

土形手7-8


» 白鶴門食鶴拳のTOPページへ

カンフーフィットネス補足

  • 当サイトでは、「カンフー」と「武術」「太極拳」などを同じ意味で使用しています。
  • カンフーフィットネス「スタジオ・タフ」では、運動生理学をはじめ健康医科学に基いて指導しています。
  • 当スタジオは、カンフーを「フィットネス」としてお伝えしております。
  • NSCA-CPT、健康運動実践指導者の合格者がカンフー指導にあたっています。
  • カンフーに限らず疑問点などがあればお問い合わせください。
スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。